保育士転職

保育士求人・転職サイト比較ランキング@評価が高いサイト

保育士の求人・転職サイトを比較して評価が高いサイトをランキング形式で紹介します。

保育士はなぜすぐに辞めてしまうのか、転職してしまう理由

読了までの目安時間:約 4分

幼稚園の場合

私は保育の短期大学を卒業後、私立の幼稚園に勤め始めました。

 

その幼稚園の1日の流れはこうです。

 

朝8時 朝礼→8時50分 園バス出発→9時 

子ども登園・保育開始→14時 

子ども降園、園の掃除、園バス出発→16時30分 

終礼→17時 次の日・行事準備→19時頃 

上の先生から帰りだす→~22時 

行事前になるとこのくらいに全員帰る

 

…という流れでした。新人ということもあり効率が悪く、帰宅してからも持ち帰ってきた製作準備や日案などをしなければいけないため、12時までに布団に入れる日は滅多にありませんでした。

 

土日は必ず休みでしたが、金曜の打ち合わせで「週末やる持ち帰りの仕事」を決めてあるため週末も引きこもりでした。

 

幼稚園自体はとてもいいところで、先生同士も仲がよくお給料もよかったのですが、ここまで自分の時間がなくなってしまうと“辞めたい”と思う人も多く後から入ってきた新人は5人続けて辞めてしまいました。

結婚をすると続けられない

私も結婚を機に退職しました。

 

私が勤めていた幼稚園には結婚をしても保育を続ける人は一人もいませんでした。

 

理由は上でも書いたように家にいる時間も短く、週末も仕事をして家族に費やす時間がないからです。

 

私の友人には、仕事辞めたいから結婚したいと言う人もいました。

 

確かに子どもは本当に可愛くて毎日癒されます。ですが保育が終わった後の作業量がとても多くてつらい毎日でした。

 

それから幼稚園は有給などありません。(園によって違うかもしれません)もし出産し子どもの学校の行事があっても平日は休めないのです。

 

自分の子どもの大事な時を見れず他人の子を保育するなんて私はできないなあと思ってしまいます。

保育園の場合

私は結婚して、子どもはまだ考えていなかったため、幼稚園を退職後すぐに保育士転職して保育園で働き始めました。

 

幼稚園とは違うところだらけで驚く毎日でした。

 

まず驚いたのはお給料です。保育園ですので有給指定休もあり、シフト制なので大体定時には退勤できてとても働きやすかったのですがお給料が幼稚園の頃の約半分だったのです。

 

それから産休育休はあるのですが、その期間は無給。産休育休があってないようなものでした。

 

扶養には入れないぎりぎりのお給料だったため、辞めるべきかとても悩みましたが保育内容など前の職場とのギャップが大きかったために退職しました。

 

人によって、園によって合う合わないが異なるとは思います。

 

ですが保育士は生涯続けるにはいろいろ犠牲にしなくてはならない職業だと思います。

 

今保育士の減少が問題になっていますが、賃金があがるのはもちろん、働きやすく育児とも両立できるような環境をぜひ作ってもらいたいです。

保育士の報酬が安い3つの理由

読了までの目安時間:約 4分

現在、保育士の報酬がやすい3つの理由をざっとこの場に並べてみると、○保育士の報酬が安い3つの訳合いを「元保父」の大学教授に聞いているから○月給を埋合せすると「手続きシステム化」されてから、まだ、あまり時が経過しておらずヒストリが薄っぺらなため○資金調達ができていない、会社サイドの経営ポリシーでサラリーを安くしている、といった3つが例として挙げられます。

保育士の報酬が安い後景「ヒストリ」

国内の育児やチャイルドケアのヒストリの中で、児童を保育士などの第三者に任せ、親が勤め出したのは、共稼ぎ世代が増加し出した1960年代後半以降のことです。

託児所ができる以前の日本では、親が稼いでいる間、ちっちゃな児童達は畑の隅っこに置きっぱなしにされたり、年上の子どもが幼いきょうだいの世話を焼く状況がずっと継続されて来ました。

その当時は、「仕事がハードな時期は、従姉妹のお姉ちゃんに子守りをしてもらえば良い」とか「奥さんに面倒をみさせれば良い」といった智覚がありました。

チャイルドケアは「家庭内労働の一種」という智覚だったのです。

保育が「家庭内労働」から、しっかりとした専業の免許を所持した人が実施する適正な職務として値踏みされ、報酬を埋め合わせすると「手続きシステム化」されてからまだ時が経過していないことから、保育士の報酬の安さに関連する一種のプロブレムではないかと思っています。

保育士の報酬が安い後景「 資本金」

2点目が、資本金です。保育士の給料を上げるためには、この資本金を、いったい何所から獲得するかが、でっかい難題だと思います。

例えば、以前からも変わりなくずっと、大きなパワーのあるはずの会社に対して繰越欠損金の減税方策などが実施されつつも、パンピーや育児世代に対するエコノミカルな圧迫や安月給は簡単には撤廃されません。

そういった租税に関する制度への不平等をリビジョンしたり、エコノミー会計の再検討をして、児童のために出費をする経済システムの様相を国として思考して行くことが重要ではないでしょうか。

保育士の報酬が安い後景「経営サブジェクト」

3つ目の「経営サブジェクト」については、2000年から規則を軽減することにより、組織やNPOなど多種多様な経営者が保育園の運営に参与し始めました。

それまで、保育所は、自治体や社会保障制度企業といった、非営利法人(営利を目的としない法人、NPO 法人、中間法人など)しか運営できなかったのです。

けれど、会社が経営する保育所の場合、 援助金の何割をサラリーにあてるかはおのおのギャップがあります。

私も前に保育所の園長をしていましたが、交付金を100とすると、その70から80%はお給料で、残余 の1割から2割を児童の食べ物や遊道具代、施設管理費などに割り当てていました。

けれども、事業拡大してきた会社の中には、100入ってくるお金のうち5割くらいしかサラリーに割り当てていないところも実際にあるようです。

そこまで低減してしまうと、保父と保母、1人分の報酬は低く、簡単に給料アップもできません。

保育士である前に母親であること

読了までの目安時間:約 4分

大好きな保育園との別れ

 

私が8年勤めた保育園を退職することになったきっかけは、主人の転勤でした。

最初の1年は、単身赴任というかたちで、別居生活を送っていましたが、私が二人目の子どもを妊娠したことから、私の生活は大きく変わっていくことになります。

父親がいるのに、側にいられないのは、主人にとっても、子どもにとっても、とてもつらいことです。

実際に長男は、父親が単身赴任してからというもの、情緒が不安定になったり、父親がひさしぶりに帰ってくると、別れたくなくて、いつも帰りは泣いていました。

そんな思いを、子どもにさせてはいけないと思い、私は保育園を辞めて主人についていくことを決めたのです

 

どこにいたとしても私は保育士

 

保育園を辞める時は、とても淋しくて、悲しかったです。

なぜなら、保育士は私の天職だと言えるほど、大切なものだったから…

でも、私が保育士であるということは、どこに行こうが、何をしようが、変わることはありません。

短大を卒業して、保育士の資格を手にいれたあの時から、私は今までもこれからも、ずっと保育士なのです。

そう思ったら、保育園を辞めることの不安よりも、長男や、これから生まれてくる子どもの母親として生きることへの期待で胸がいっぱいになりました。

そして、大きいお腹で、本来なら産休に入る時期に、私は保育園を退職することとなったのです。

 

今現在の私

 

保育園を辞めて3年ほどたったころ、主人の転勤で、なつかしい地元に帰ってくることになりました。

子どももまだ小さいし、両親とは同居していなかったので、子どもが大きくなるまで、私は専業主婦として生きることをきめていたのですが、そんなある日、一本の電話がありました。

以前勤めていた保育園からでした。

保育士の数が足りず、手伝ってもらえないかという内容でした。

保育士として働きたい気持ちはありましたが、自分の子どものことを一番に考えると、やはり働くことはできないと思っていたのですが、園長先生、主任が、短い時間でもいいからと、必死で私を必要としてくれたのです。

そこまで必要としてくれるなんて、と嬉しい気持ちでいっぱいになりました。

私は今、8時半から2時半まで、パート保育士として働いています。

子どもたちが学校に行っている間だけ働くという、なんともありがたい生活をさせていただいています。

子どもを生んでも、今までと同じように働くというのは、とても大変なことです。

祖父母がいればなんとかなるかもしれませんが、核家族化が進む現代社会では、フルタイムで働きながら子育てをするというのは、母親にとっての負担が非常に大きく、簡単なことではありません。

しかし、保育士という資格は、ちゃんとこの手の中にあって、自分自身さえくさらずに真面目に生きていればいつか必ず役に立つときがきます

今、保育園を退職しようかどうか、悩んでいる方に伝えたいです。

私たちは死ぬまで保育士であるということ。

プロとして、誇りをもって生きていれば、きっとまた必ず、保育の現場に戻れる時がきます。

だから、迷わず、本当に大切なことを見失わずにいてほしいと願っています。

私が保育士をやめたたった2つの理由とは

読了までの目安時間:約 3分

私は公立保育所に5年間勤めました。

保育士の仕事は、中学生の頃からの夢でした。

なかなか就職先が決まらず焦っていましたが、3月にギリギリで内定をもらうことが出来ました。

募集内容は、臨時職員としての採用という形でした。

しかしその時は、臨時と正規の違いなど気にしてはいられませんでした。

保育士をやめた1つ目の理由

憧れていた保育士の仕事ですので、最初はやる気に満ちていました。
初めて任されたのは単独での年中組の担任。

しかし短大で2年間学んで来たとは言え、毎日何もかもが手探りの状態でした。

周りの先輩たちに助けられながら、なんとかやっている、そんな状態でした。

自分の事で精一杯だったので、他の先生と自分に大きな違いがある事など気づくわけもありませんでした。

しかしいつからでしょう。自分が他の先生達より損しているな、と謂うことに気がついたのです。

最初に書きましたが、私は臨時職員として採用されました。正規職員ではないのです。

そのうち一番大きな違いはお給料です。公立ですから正規であれば公務員であり、安定は保証され、ボーナスも出ます。

しかし臨時職員は時給計算、ボーナスなどありません。

それなのに、勤務体制は正規職員と何も変わりません。早番も遅番もあります。出張にも行かされます。担任も一人でやります。

子どもたちや、保護者の方から見れば、臨時か正規かなんてわからないし関係ありませんから、同じ仕事をしっかりこなします。

お給料が少ない分、免除してもらえる仕事などありません。

その上有給は、正規の人よりも少ないです。

知らない方も多いと思いますが、保育士の仕事は肉体的にも精神的にも大変な仕事です。急性胃炎で入院したこともあります。

なのに手取りで17万。わりに合うわけがありません。

これが私の保育士をやめた1つ目の理由です。

保育士をやめた2つ目の理由

保育士をやめた2つ目の理由。それは結婚です。

どちらかと言うと、結婚を理由にやめたというよりは、やめるきっかけがやっと出来た、という感じでした。

正規であれば結婚して出産しても、産休育休がしっかり取れるのですが、臨時ですからそれはありません。

戻りたいとも思いませんでしたが。

私は何だかんだで安月給でこきつかわれながらもその保育所では5年間勤めました。

なぜなら、ずっと憧れていた保育士の仕事であり、どんなに大変で辛くても、大好きと言ってくれる子どもたちがいたからです。

勤務体制にしたいけど納得がいかず退職した形になりましたが、結婚後、再び保育士の仕事に就きました。

今は子どもが小さいのでまた保育士はお休みしていますが、いずれはもう一度保育士に戻りたいと思っています。

保育士は大変ですが、やりがいもあり、皆に誇れる素晴らしい職業だと思っています。

ですからやっぱりそれなりの評価はしてほしい、と言うことですね。

保育士以外考えられない!私が働く3つの理由

読了までの目安時間:約 2分

私は大学は法学部に行ったのですが、大学三年の夏に保育所でアルバイトしたことがきっかけで、保育士になりたいと思うようになりました。

こどもたちの笑顔が私を癒したり励ましたりしてくれ、毎日仕事に行くのが楽しかったからです。

 

就職を考えなければならない時期だった私は、幼稚園教諭の免許か保育士免許を取りたいなと考えていました。

ネットでアルバイトを探した結果、私立の幼稚園でのアルバイトを見つけ、そのアルバイトをしながら、明星大学の通信教育学部で幼稚園教諭の免許をとることにしました。

幼稚園でのアルバイトも、勉強も、自分で興味を持って、自分でやると決めたことだったので、とてもやりがいがあり、充実した一年間でした。

一年経って資格も取れ、その幼稚園で正社員として雇ってもらえることにもなりました。

 

それから、三年間、幼稚園で働きましたが、実家の父が亡くなったことや結婚を考えて、埼玉に戻りたいと考えていました。しかし、埼玉に戻ると同時に保育士の免許も取りたいと思い、キャリアステーションに通い、保育士の国家試験を受けました。

結果は見事合格!そのあとは、板橋や川越、狭山などの保育所で働き、結婚、出産をして、今は三人目を妊娠中で、仕事はお休み中です。

保育士の資格があり、給料は安いものの、需要がある仕事なので、また落ち着いたら復帰したいなと考えています。

 

なにより、毎日こどもたちと関わる仕事なので、日々発見、成長があり、私の方もこどもたちと関わるなかで成長させてもらうことが多いです。運動会、発表会など行事も多く、季節を大切にする仕事というところも、私は大好きです。

5年間保育士の仕事をしてきて大変だったけれど学べたこと

読了までの目安時間:約 3分

母が保育士だったので、ずっと保育士に憧れていました。

短大を出て20歳から保育士として働き始めると、様々な疑問が出てきたり、現場の実情を知って時々辛くなることもあります。

今はもう5年目に突入し、いろんな意味で強くなりましたが、これまで本当に色んなことがあり、葛藤したり他の人ともぶつかったりしながらやってきました。

理想と現実のギャップにやられた1年目

私の親は保育士でしたが、もともととても朗らかで、しかし本当に気がしっかりして堂々として、周りに流されない人で、娘ながらに尊敬していました。保育士たるもの、そんな人たちばかりなのだと子供の頃は思っていましたが大学で勉強する中、そんな人たちばかりではないということを知ってはいました。

しかし、仕事に就いて1年目はギャップにとても辛い思いをしました。泣きわめく子供の泣き声を、ひたすらうるさいと言い続ける先生。そんな対応なら勉強しなくても、素人だってできます。

そこを保育士としてどう対処するかが腕の見せ所なのに、ただ心のままにうるさいと怒鳴る先生。

片手で赤ちゃんを抱きながらもう片方の手で適当に他の子に指図する先生。なんだかとても悲しくなりましたが、マイペースにしていると、矛先はこちらに向きました。

保育は誰のためにあるのかということ

大変な毎日、時間に追われる日々、少ないお給料、先輩の心無い態度に辛くなることが多々ありました。でも、その度に助けてくれたのはやはり子供たちでした。

私は何故保育士になりたかったか?というと、お母さんと離れて頑張る子供たちを支えたくて、成長の助けになりたくて、それから、この子たちが見たときに大人になるのが楽しみになるような大人になりたいと思ったのを思い出しました。

時間や先輩のことで悩んでいる場合ではなく、自分がこの子たちにできることにもっと夢中になろうと心に決めました。

決意を忘れず突き進んだ3年目以降

幸い、私には他で保育士をしている友人がたくさんいたのと、他の業種で仕事をしている友人もたくさんいました。

そのため、保育士として語り合う仲間もいて、いち社会人として、その中での保育士という、いち立場としての話の両方ができたので、保育士に 同士でこれからの保育について語る機会と、この社会の中でどんな人となって社会のためになる人になろうかと第三者目線で考える機会がたくさんありました。

そういうことを日々考えると先輩の心無い一言や保護者の方とのいざこざなどに落ち込むことはなく、反省をして常に突き進むことができました。この心意気でこれからも保育をきわめていきたいと思っています。

おすすめの保育士の転職活動について

読了までの目安時間:約 3分

20代の頃は、バリバリ保育士として働いていました。けれども結婚を機にそれまで勤めていた保育園を退職して、現在は保育士資格をいかしてぼちぼち働くにとどまっています。

そして子育てがひと段落をしたこともあって、また働きに出ています。ですから保育士の転職活動としても非常にマイペースなものですけれど、参考までに。

保育士試験は面接オンリー?

保育士の採用試験は面接試験のみだというところが、結構多いと感じています。とは言え、新卒で正職員採用の保育士さんを対象としているような試験ですと、面接試験のみではないのですけれど。

とは言え、公務員保育士の試験をのぞいては、筆記試験はあまりおこなわれないといった印象ですね。筆記試験にて、一般常識テストをするのではなくって、ピアノ試験をおこなっている園が多いといった印象です。

とくに私立の保育園ないし幼稚園、それにこども園はたいていピアノの試験があったりもしますね。やっぱり同じような実力の保育士さんならば、ピアノが上手な方を採用したいという思惑は、おそらくどこの園も同じといったところなのでしょうね。

しかし、これが正職員採用ではなく、はたまた担任としてクラスをもたないような、言ってみればサブ的な保育士の募集求人の場合ですと、まあたいてい面接試験のみだったりするのですよね。

そして、自治体運営の保育園もそのような傾向はありますね。1年間契約の臨時保育士の場合ですと、面接試験のみで採用になる場合が多いと言えますね。

ですから私のように「扶養の範囲内で無理なく働きたい」ぐらいに考えている保育士さんは、このような求人を狙うと良いでしょう。試験も面接オンリーで気楽ですから。

正職員採用となると筆記試験必須?

自治体運営の保育園の採用試験ともなりますと、筆記試験はたいてい入ってきたりしますよね。とは言っても、臨時保育士の採用試験ならば、面接試験のみだというところは多いですけれど、これが嘱託保育士や正職員保育士となりますと、形だけでも筆記試験はおこなわれている印象です。

まあしかしそうは言っても、高校卒業程度の学力の一般常識テストといったところでしょうか。たとえば、漢字を書いたり計算をしたりなど(連立方程式を解けるぐらいの学力は必要だったかな?)。ですから、本屋で売っている公務員の筆記対策を参考に勉強に励むことは必要でしょうね。

保育士が好き!これからも働く3つの理由とは

読了までの目安時間:約 2分

保育士として働く理由として1番の理由は子供が好きだからですね。

四年制大学に通って保育士になる権利を手にしましたが、その間もずっと保育士として子供に接することを楽しみにしていました!

子供と接する保育士というお仕事は、元気な子供と毎日接するので体力的には厳しい時もありますが、大人にはない新しい発想を子供から教えられたり、長く見ている子供に関しては成長していく姿をそばで見ていくこともできます。

好きな子供と携わっていけるのに対してお給料が発生するのはすごく嬉しいことですね!

次の理由としては、福祉に関わる仕事で困っている人を助けたかったからです。

私自身、母子家庭で育ち、兄弟もいたので母が常に仕事でいないという状況でした。

そんなとき夜の8時まで空いている保育士にいつもお世話になっていましたね。

忙しい親が安心して子供を預けることのできる空間をしっかりと作ってあげることで、より多くの家庭の生活を安定させることができます。

母子家庭育ちで親の苦労を知っているので前々から福祉の仕事に興味を持っていて、大人になりこのようなサイクルがよくわかるようになり私には保育士が向いているなと思いました。

3つ目の理由としては女性が働きやすいという点ですね。

しっかりとフルタイムで安定したお時間で働けることで、生活リズムも整いますし、保育士は女性が多いので、同じ保育園の先生同士に理解があります。

出産、子育ての場合もきちんと申請することでお休みを取ることができますし、結婚もしたいし、子供も欲しかった私としてはすごくピッタリなお仕事でした。

保育士の免許を持っていれば1度やめてもまたすぐに働くことも可能なのですごくいい点ですね。

保育士の転職で失敗しない職場選びに重要なことは?

読了までの目安時間:約 3分

子供

長く派遣事務員として働いていた私ですが、年齢があがってくるにつれ、なかなか仕事が思うように見つからないようになってきたので、保育士になりました。

保育士の仕事とお給料について、考えました。

派遣事務員の時のお給料は派遣社員として事務の仕事を中心にしていました。

派遣時代との保育士の違い

派遣社員の時の時給は大体1200円~1500円でした。仕事の内容などによって違いますが、時給が高めなこともあり時間外労働はほとんどありませんでした。

タイムカードがあるところもありますしないところもありますが、比較的キチンと支払っていただけると言う点で安心できました。

一方、派遣社員ですので時給で、ボーナスはありません。

更新もされるかどうかわからないと言う不安定さがあり、常にピリピリしていたように感じます。

保育士の資格

保育士資格を取得するもともと幼稚園教諭をしていたこともあり、子どもに関わる仕事をしたかったので、保育士資格を取得することにしました。

通信講座の受講料がだいたい6万円くらい、試験を2回受けましたので3万円くらい、難関の小児栄養などを通信大学で取得することにしたのでその学費が10万円くらいかかりました。

最低でも20万円くらいの初期費用がかかっている計算になります。

保育士として働く~1つ目の勤務先選び~

保育士として働いた経験がないこと、子育て中であることを考え、パートタイムとして働くことにしました。

まずは経験を積むのが目的だったので、多少時給が低くてもいいとおもい、950円で働き始めました。

この職場は大規模な園で保育士の数が多いため、いじめに合い1年で退職しました。

保育士として働く~2つ目の勤務先選び~

前の園のいじめに耐えかねていたので、雇ってくれるところであればどこでもいいと、時給900円の職場にかわりました。

新しく園長先生が変わったこともあり、新設園に近い環境で働き始めることができたので、人間関係も穏やかで仕事を1から考えていけると言う点でやりがいを感じましたが、フルタイムとはいえパートタイムにもかかわらず残業をしないと仕事をやり終えないほどの量があり、残業代も出ないため、年収は額面で160万程度です。

さすがにあまりに収入が少ないので、それなりの働き方をしなければならないなと感じています。

保育士の転職でハローワークを活用。メリットとデメリット

読了までの目安時間:約 4分

保育士は、私が社会人になって初めて就いた仕事でした。毎日泥だらけになっても、子供達と過ごす時間はとても楽しくやりがいがあって、忙しくても充実した毎日でした。

ところが、私は年度末の子供達の成長記録の書類が苦手な上、主任の必要以上の言葉による個人的な攻撃が激しくて、人間関係に悩んでいました。

今思えば主任は妊婦でしたから、自分の体調が思わしくない時が特に八つ当たりをされていた様でした。

そんな日々に心身共に疲れてしまい、退職をする事にしました。

保育士の転職でハローワークを活用。メリットとデメリットの続きを読む »»

最近の投稿
カテゴリー