保育士転職

保育士求人・転職サイト比較ランキング@評価が高いサイト

保育士の求人・転職サイトを比較して評価が高いサイトをランキング形式で紹介します。

私が保育士をやめたたった2つの理由とは

読了までの目安時間:約 3分

私は公立保育所に5年間勤めました。

保育士の仕事は、中学生の頃からの夢でした。

なかなか就職先が決まらず焦っていましたが、3月にギリギリで内定をもらうことが出来ました。

募集内容は、臨時職員としての採用という形でした。

しかしその時は、臨時と正規の違いなど気にしてはいられませんでした。

保育士をやめた1つ目の理由

憧れていた保育士の仕事ですので、最初はやる気に満ちていました。
初めて任されたのは単独での年中組の担任。

しかし短大で2年間学んで来たとは言え、毎日何もかもが手探りの状態でした。

周りの先輩たちに助けられながら、なんとかやっている、そんな状態でした。

自分の事で精一杯だったので、他の先生と自分に大きな違いがある事など気づくわけもありませんでした。

しかしいつからでしょう。自分が他の先生達より損しているな、と謂うことに気がついたのです。

最初に書きましたが、私は臨時職員として採用されました。正規職員ではないのです。

そのうち一番大きな違いはお給料です。公立ですから正規であれば公務員であり、安定は保証され、ボーナスも出ます。

しかし臨時職員は時給計算、ボーナスなどありません。

それなのに、勤務体制は正規職員と何も変わりません。早番も遅番もあります。出張にも行かされます。担任も一人でやります。

子どもたちや、保護者の方から見れば、臨時か正規かなんてわからないし関係ありませんから、同じ仕事をしっかりこなします。

お給料が少ない分、免除してもらえる仕事などありません。

その上有給は、正規の人よりも少ないです。

知らない方も多いと思いますが、保育士の仕事は肉体的にも精神的にも大変な仕事です。急性胃炎で入院したこともあります。

なのに手取りで17万。わりに合うわけがありません。

これが私の保育士をやめた1つ目の理由です。

保育士をやめた2つ目の理由

保育士をやめた2つ目の理由。それは結婚です。

どちらかと言うと、結婚を理由にやめたというよりは、やめるきっかけがやっと出来た、という感じでした。

正規であれば結婚して出産しても、産休育休がしっかり取れるのですが、臨時ですからそれはありません。

戻りたいとも思いませんでしたが。

私は何だかんだで安月給でこきつかわれながらもその保育所では5年間勤めました。

なぜなら、ずっと憧れていた保育士の仕事であり、どんなに大変で辛くても、大好きと言ってくれる子どもたちがいたからです。

勤務体制にしたいけど納得がいかず退職した形になりましたが、結婚後、再び保育士の仕事に就きました。

今は子どもが小さいのでまた保育士はお休みしていますが、いずれはもう一度保育士に戻りたいと思っています。

保育士は大変ですが、やりがいもあり、皆に誇れる素晴らしい職業だと思っています。

ですからやっぱりそれなりの評価はしてほしい、と言うことですね。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー