保育士転職

保育士求人・転職サイト比較ランキング@評価が高いサイト

保育士の求人・転職サイトを比較して評価が高いサイトをランキング形式で紹介します。

保育士の転職でハローワークを活用。メリットとデメリット

読了までの目安時間:約 4分

保育士は、私が社会人になって初めて就いた仕事でした。毎日泥だらけになっても、子供達と過ごす時間はとても楽しくやりがいがあって、忙しくても充実した毎日でした。

ところが、私は年度末の子供達の成長記録の書類が苦手な上、主任の必要以上の言葉による個人的な攻撃が激しくて、人間関係に悩んでいました。

今思えば主任は妊婦でしたから、自分の体調が思わしくない時が特に八つ当たりをされていた様でした。

そんな日々に心身共に疲れてしまい、退職をする事にしました。

退職迄にしておいた事

いざ、退職すると決めてもなかなか園長への報告ができず、このまま退職してよいのかと迷っていました。

すると、回りはヤキモキしていたようで、主任からガツンとハッキリ言われてしまいました。

『この仕事を辞めるの?続けていくの?』

この一言のおかげで勢いが付いて、その足で園長へ退職の意思を表明できました。

私は年度末の退職する事が決まったので、4月〜の過ごし方を考え始めました。

私は体調も思わしくなかったため、しばらくはゆっくりと過ごして、体調が良くなってきたら次の仕事をしようと決めました。

そこで、雇用保険をもらいながら、ハローワークを利用して、就職活動をしたい旨を事務長に告げました。

すると、退職日には事前に準備してくれていたようで、事務長がハローワークへの提出する書類(半年間の給与内容・健康保険共済組合喪失証明書など)を手渡してくれました。

※一般企業では、このような書類の交付に1ヶ月位かかる所もあります。また、書類を請求しないと、用意もしてくれない場合もありますのでご注意を‼︎

ハローワークでの就活でメリットとデメリット

ハローワークを初めて利用してみて感じた事は、"人気のある就職先は競争率高い"という事でした。

しかも、同じ保育士の仕事を希望すると年度切り替えなので、1年待たなければ再就職できないのでした。

ただし、民間の託児所ならば仕事はありましたが、勤務時間の希望が合わなかったのでなかなか厳しい就職活動になりました。

離職してから3ヶ月程経過して、知り合いの方が出産準備のため、産休に入る事を小耳に挟みました。

そこで、知り合いの方の紹介で9月〜非常勤職員として働く事になりました。

そして、働き始めて3ヶ月経ったある日、困った事に職場の所長よりこんなつぶやきを聞き驚きました。

『ハローワークから、毎月しっかりここで働いているかの確認が届いて面倒だよ』と笑いながらでしたがおっしゃっていたのです。

この確認も1年続いたそうで、ご迷惑をかけてしまったと恐縮してしまいました。

私の経験から言うと、ハローワークを利用して就職活動をするならば、様々な職種からやりたい仕事を探すと次の仕事先が見つけやすいメリットがあります。

ですがデメリットとしては、保育士の資格を生かして仕事先を探すと片手で余る程就職先の募集が無い事です。

転職する時は、今後の事もよく考えてから行動に移す事をお勧めします。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー