保育士転職

保育士求人・転職サイト比較ランキング@評価が高いサイト

保育士の求人・転職サイトを比較して評価が高いサイトをランキング形式で紹介します。

保育士資格を取得するときのポイントは?


まず初めに申し上げておきますと、私は保育士の専門学校ないし短期大学を卒業して、保育士資格を取得したわけではありません。

 

年に1度行なわれている筆記および実技試験に合格して、保育士免許を取得しました。最終学歴自体は4年制の総合大学卒業です。

なぜ保育士の免許を取得したのか?

 

それでは、なぜ子どもとは全く関係がない他分野の学問を先攻して、そして4年制の大学を卒業したにも関わらず、保育士の資格を取得したのかと言いますと、まあ単純に「ヒマ」だったからなのですよね。

 

当時、会社員をしていたのですけれど、妊娠に伴う産休中に時間を持て余してしまいまして、そして「子どもも生まれることだし、挑戦してみるかなー」と思って、勉強を始めるに至ったのです。

 

母子教室などにて知り合ったママ友さんより、「大学を卒業していれば、保育士の試験受けれるよー」「保育士資格は専門学校に入らなくても、試験でも取得できるんだよー」ということを聞いて非常に興味を持ったのです。

 

そしてまあ、保育士の試験は年に1度ですから、出産のタイミングとバッチリ合うわけではなく、結果として出産後も保育士の勉強はしていたのですけれど、努力の甲斐あってなんとか取得できましたね。

 

「保育士合格したわー」と言いますと、非常にあっさりと聞こえるかも知れませんが、乳飲み子抱えながらの勉強は決して楽なものではなく、けれども人の親になったのですから途中放棄してはいけないと頑張りました。自分で自分を誉めてあげたい気持ちでしたね。

実際に保育士として働くことになり〜

 

産休のみならず育児休暇も取得していたのですが、育休中に二人目を妊娠したこともあり、結局当時勤めていた会社は退職することにしました。

 

そしてしばらくは育児に専念していたのですけれど、末子が幼稚園に入園するタイミングにて、声がかかりましたね。なんの「声」ってもちろん、「保育士として働いてくれないか?」という誘いの声です。

 

勤務先は院内保育園です。なんでも保育士さんの数が足りないということで、「保育士資格を持っていて働けそうな人」ということで探していたそうなのです。

 

こちらのスケジュールも十分に考慮して頂けましたので、かくして保育士として働きに出ることとなったのです。実は他にも、末子の幼稚園からも預かり保育を手伝ってくれる人として声がかかったのですが、結局院内保育園に決めました。

 

そして思うことと言えば、やはり「取っておいて良かった保育士資格」ということですね。あの時頑張ったおかげで万が一他の保育士に転職をする際もちょっとしたパートもできますので。

 

フルタイム保育士ですと、思う所は沢山あるとは思いますけれど、私のような育児をしながらのちょっとしたバイトにも活用できますので、保育士資格は持っていて決して損はナイと思いましたね。もちろん勉強したことは、育児の参考にもなっていますし。

 

最近の投稿
カテゴリー